menu

岩手うんめぇ〜団

岩手ならではの食財を食べれるお店

  • 関東
  • 関西

笠原 将弘氏の一皿

もちもち牛の赤ワインおこわ添え

赤飯のようなご飯の正体は、なんと赤ワインで炊いたおこわ!噛むほどに旨みを感じられるもちもち牛と、赤ワインの香りがほんのりと感じられるおこわは、どこか和を感じさせる絶妙の組合せ。牛の脂を、赤ワインの酸味とおこわのもちもち感がしっかりと受け止め、後味はさっぱりとした味わいです。

日本料理 賛否両論

所在地 東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル1F
営業時間 土曜12:00~14:00(L.O.)
月曜~土曜18:00~23:30(L.O.)
休:日曜・祝日
TEL 03-3440-5572
URL http://www.sanpi-ryoron.com

吉岡 英尋氏の一皿

鰆といなきびのちぢみ小松菜蒸し

伝統的な和食の「桜蒸し」を、いなきびとちぢみ小松菜でアレンジ。ふっくらやわらかく蒸したサワラの身と、いなきびのプチプチとした食感を組み合わせ、彩りと食感の変化を楽しめる一品に仕立てました。さらっとした口当たりの上品なあんにはちぢみ小松菜の甘みが溶け出し、やさしい旨みが全体をふんわりと包み込みます。

こなす亭(なすび亭)

所在地 東京都渋谷区恵比寿2-12-16
営業時間 18:00~
休:日曜・祝日
TEL 03-6450-2677
URL http://www.nasubitei.com

菰田 欣也氏の一皿

秋鮭と恋し浜ほたてのネギオイル蒸し

いわての海の幸3種類を組み合わせ、ネギやトウチ、唐辛子を合わせた中華風のソースをのせて蒸し上げました。秋鮭や恋し浜ほたては生でも食べられるので短時間で火を入れ、秋鮭はふっくらとやわらかく、ほたてはレア感を残してプリッとした食感に。ソースは、熱々に熱したオイルをかけることで香ばしいネギの風味を際立たせました。

スーツァンレストラン陳

所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー東急ホテル2F
営業時間 11:30~14:00
17:30~23:00(L.O.21:30)
無休
TEL 03-3463-4001
URL http://www.srchen.jp

桝谷 周一郎氏の一皿

2種マッシュルームのパッパルデッレ

ブラウンと白のマッシュルームのみを具に用いたシンプルなソースに、もちもちとした食感のパッパルデッレを組み合わせた一皿。マッシュルームの芳醇な香りとみずみずしい歯ごたえは、フレッシュなマッシュルームならではのおいしさ。バターや生クリームのリッチな味わいに白ワインの風味と軽い酸味が加わり、濃厚ながらも重すぎないバランスに仕立てました。

オステリア ルッカ

所在地 東京都渋谷区広尾1-1-38
スクエアサイドビル1 階
営業時間 11:30 ~ 14:00(L.O.)
土曜・祝日12:00~13:30(L.O.)
18:00 ~ 22:00(L.O.)
休:日曜・祝日
TEL 03-6892-2686
URL http://www.osteria-lucca.com

諸星 純一氏の一皿

三陸のヒラメとあわび茸のアロゼ
黒ニンニクのカプチーノ仕立て

岩手の海、森と畑の恵が協奏した味わいの一品。三陸のヒラメと肉厚で香り高い三陸のあわび茸をバターで香ばしく焼き上げ、同じく三陸で獲れたシュウリ貝(ムール貝)のダシに、八幡平の芳醇な熟成黒ニンニクと生クリームを加え、泡立てたソースを注ぎ、八幡平のほうれん草とじゃがいもを添えました。

クルーズクルーズ THE GINZA

所在地 東京都中央区銀座5丁目8-20
銀座コアビル7階
営業時間 11:00 ~15:00(L.O.14:00)
17:00 ~ 22:00(L.O.21:00)
無休
TEL 03-5568-8800
URL http://www.ginza-cruise.co.jp/ginza/

山田 武志氏の一皿

ほろほろ鳥「レア」グリル
サラダ仕立て

石黒農場のほろほろ鳥の肉のおいしさを、部位別に味わえるサラダ。繊細な味わいのささみや胸肉、まろやかな舌触りのレバーはレアで、噛むほどに旨みが増すもも肉と、コリコリした食感の砂ぎもはしっかりグリルし、皮は香りを立たせるために表面を炙るなど、部位によって焼き加減を変えています。苦みのある葉野菜とも好相性です。

ワインショップ&ダイナー フジマル

所在地 東京都中央区東日本橋2-27-19 S ビル2F
営業時間 13:00~22:00(L.O.)
休:火曜・第2 水曜
TEL 03-5829-8190
URL http://www.papilles.net/shops/

中村 和成氏の一皿

八幡平サーモンのミキュイ

八幡平サーモンは脂がさっぱりしており味わいがピュア。だからこそ、ほかの食材を合わせることでフランス料理の複雑さ、奥行きを表現しやすい。今回の料理はレアに焼いたサーモンに、バターナッツやカブの甘さ、サワークリームやアロニアの酸味、野生のペッパーのスパイス感と合わせることで、いろんな味わいが楽しめます。

ラ・ボンヌ・ターブル

所在地 東京都中央区日本橋2-3-1
COREDO 室町2 1F
営業時間 11:30~15:00(L.O.13:30)
17:30~23:00(L.O.21:30)
無休
TEL 03-3277-6055
URL http://labonnetable.jp

杉田 忠氏の一皿

ほろほろ鳥の炙り鳥そば
(のだ塩使用)

石黒農場のほろほろ鳥はやわらかくてジューシー。皮を炙ることで香りが出て、プルプルの脂の部分と、繊細な肉との3層の味のバランスが絶妙です。素材の甘みを引き出す「のだ塩」をちょっと付けると、おいしさが倍増。スープにもほろほろ鳥のガラの出汁を使用しており、コラーゲンがたっぷり。女性にもうれしい汁麺ですね。

天厨菜館 銀座すずらん通り

所在地 東京都中央区銀座5-7-19
フォリービル6F・7F
営業時間 11:30~15:00
17:30~22:00
無休
TEL 03-3574-8471

佐藤 幸二氏の一皿

マダラのバカリャウのコシード

ポルトガル料理に欠かせない、塩漬けの干ダラ「バカリャウ」。宮古であがった新鮮なマダラを使ったバカリャウは、香りも味わいも抜群。塩抜きしたバカリャウを野菜と一緒に煮込んだ郷土料理「コシード」は、干すことで凝縮したマダラの旨みが炸裂。オリーブオイルをたっぷりかけていただきます。白ワインがすすむ一品です。

ポルトガル料理&ワインバー クリスチアノ

所在地 東京都渋谷区富ヶ谷1-51-10
営業時間 18:00~26:00(日曜・祝日24:00)
休:月曜
TEL 03-5790-0909
URL http://www.cristianos.jp

木村 信一氏の一皿

八幡平サーモンのカルパッチョ
ワカモーレとタブナード、
柑橘のヴィネグレットを添えて

八幡平サーモンは鮮やかなピンクの色が美しく、脂も適度で、魚自体の味わいに嫌みがありません。カルパッチョにして、クリーミーなアボカドや、リッチなコクのタブナード、酸味と苦みを効かせた柑橘のヴィネグレットと、3種のソースでいただきます。パリパリに焼いた香ばしい皮目は、細かく割ってトッピングにしても。

NODE UEHARA Grill&Dining

所在地 東京都渋谷区西原3-11-8
営業時間 月曜~金曜18:00~23:00
土曜・日曜・祝日 11:00~15:00
18:00~23:00
無休
TEL 03-3466-0497
URL http://welcometonode.jp/uehara/

岡田 大介氏の一皿

干しぶどうとみずだこ、
あわび茸のにぎり寿司

佐藤ぶどう園の干しぶどうと赤酢は相性がよく、華やかでバランスの良い酢飯になります。合わせるのは、三陸であがった新鮮な生のみずだこと「のだ塩」、そして炙ったあわび茸にさわやかな柑橘を添えました。干しぶどうの凝縮した甘さ、フルーティさがアクセントになり、みずだことあわび茸の深い旨み、香りと調和します。

酢飯屋

所在地 東京都文京区水道2-6-6
営業時間 18:00~22:00
不定休
TEL 03-3943-9004
URL http://www.sumeshiya.com

増山 明弘氏の一皿

短角牛肩肉と旬野菜のポトフ
のだ塩の旨み

その昔、短角牛が野田でできた塩を運搬していたという話を聞き、誕生したメニュー。短角牛肩肉は「のだ塩」で4日間マリネし、旬の根菜とブイヨンとじっくり煮込みます。フレッシュなハーブを使ったブーケガルニと一緒に煮込むことで豊かな風味に。短角牛のおいしさが「のだ塩」によってさらに引き出されます。

CROSS TOKYO

所在地 東京都港区 六本木5-10-25
EX けやき坂ビルR 棟2F
営業時間 15:00~23:30(L.O.22:30)
不定休
TEL 03-5772-1445
URL http://www.cross-tokyo.com

菊池 亨 氏の一皿

奥州平泉の鶏卵"黄金の里"と
マスカルポーネのティラミス

コクのあるマスカルポーネに合わせる卵を探し、色々と試しました。そんな時に出会ったのが、「生」で食べるために手塩にかけ作られた菊池農場の卵。この卵の新鮮でしっかりした味わいは、チーズのコクに負けずその風味を残し、まろやかでふんわりとしたティラミスに仕上げることができます。

リストランテ ベニーレベニーレ

所在地 東京都渋谷区神宮前4-31-10
YMスクウェア原宿5~6F
営業時間 03-5775-5333
TEL ランチ
 11:30~15:30
ディナー
 月~土・祝前日 17:00~23:00
 日・祝 17:00~22:30
URL http://www.ginza-cruise.co.jp/venire/