特集シリーズ イーハトーブ生まれの美味しい食材

“綺麗な空気や水、豊かな自然に育まれています”
―夏でも涼しい自然環境を活かした―夏秋野菜のトップブランド

岩手は全国屈指の野菜王国です

四国4県にも匹敵し、本州で最も広い岩手県。県中央部は、南北に貫く北上川流域を中心に水田や畑が分布し、朝夕と日中の気温差(日較差)が大きいのが特徴です。また、県北・沿岸地域は、冷涼な東風(やませ)の影響が大きく、冷害をもたらすこともあります。このような厳しい自然環境にあって、なぜ岩手が全国屈指の野菜王国になる ことができたのか。その秘密の一端をご紹介します。

いわての青果物主要品品目 クリックすると拡大
風爽やかな高原で育つレタスは、岩手を代表する野菜のひとつ。

全国に先駆けて取り組んだ適地適作の野菜づくり

「適地適作」という言葉をご存知でしょうか。「作物の特性に適した土質、水質、自然環境の中で育ててこそ、それぞれが持つ自然の力を引き出し、健康的で最も美味しい作物を作ることができる」という意味です。盛岡以北の岩手県北部、ならびに北上山地を中心とする山間地では、その厳しい自然環境から、米の作柄は不安定でした。そこで目を向けられたのが野菜です。

昭和30年代後半に、小規模ながらも始まった野菜作りは、昭和40年代になると、高度経済成長期に合わせるかのように生産規模が一気に拡大。

さらに昭和50年からは、一戸町のレタス、岩手町のキャベツ、旧西根町(現・八幡平市西根区)のほうれんそう、旧胆沢町(現・奥州市胆沢区)のピーマンといった全国屈指の産地が県内各地に誕生しました。

流通部門においても、旧岩手県経済連(現JA全農いわて)が中心となり、「いわて純情野菜」という岩手県産野菜の共通ブランド名を確立。出荷用ダン ボールを共通デザインにするなど、「野菜王国いわて」の視覚イメージを多方面からサポート。その努力が報われ、昭和50年代〜昭和60年代にかけて、生産量、出荷量ともに急速に伸び始めることになり、「野菜王国いわて」の名が全国に浸透し始めます。

岩手のトマト生産者は環境問題にも積極的。その大多数がエコファーマー認定者(コラム参照)です。

自然を利用した安全で安心な美味しい野菜

安全・安心で美味しい野菜を生産することに、岩手の生産者は熱心です。冷涼で自然が豊かなことから、もともと病害虫の発生が少なく、病害虫対策の農薬使用を極力控えることができます。また、畜産が盛んな岩手では、完熟した良質な堆肥をふんだんに使用し、有機物の力で地力と食味を向上させ、自然を生かした農業を実現しているのです。

さらに、岩手県内の各JAでは、栽培管理や農薬の使用などを記入する生産履歴記帳の徹底を図り、安全で安心、しかも美味しい野菜作りを行っています。

岩手のピーマンは光沢、日持ち性に優れ、夏秋期では全国第2位の生産量を誇ります

東京市場でトップクラスのシェア率を誇る

平成16年度に、岩手県内では年間で約16.8万トンの野菜が生産されています。そのうち約70%が市場に出荷され、うち約55%が関東市場へ、約29%が県内市場へと出荷されています。特に関東市場における岩手県産夏秋野菜の人気は高く、東京中央卸売市場における都道府県別の入荷量では、ほうれんそうが6月〜8月まで第1位、ピーマンが8月に第1位、レタスが6月〜9月まで第3位、キャベツが7月・8月に第2位、同じくきゅうりが、7月・8月に第2位など、全国トップクラスのブランド力を誇っています。

その人気の秘密は他産地の生産量が減少する時期に安定数を確保できること、そして、味の良さ、安全性の高さだとされています。まさに、冷涼な地域ならではの特権。逆転の発想が功を奏したのです。

さらに、レタス、キャベツ同様に大規模な栽培が行われている大根、環境にやさしい栽培方法を導入した「※エコファーマー」認定者が作るトマト、あえて寒さにあてることにより、糖度とビタミンが増すことを利用した「寒締めほうれんそう」など、広い県土ゆえの地域特性を活かした、特長ある野菜作りが県内各地で行われているのです。

※エコファーマーとは

安全・安心な農産物の生産、環境に優しい農業生産を行っている、知事の認定を受けた農業者のことです。国の「持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律」に基づき、平成11年度から導入されている制度で、たい肥などによる土づくりと化学肥料・化学合成農薬の低減の3つの要素を組み合わせた環境保全型農業を行っています。

知る人ぞ知る遠野市の名物野菜「暮坪かぶ」

岩手の注目野菜薬味野菜編

刺身や蕎麦の名脇役として大活躍

岩手を代表する薬味野菜といえば「日本ワサビ」。神秘的な洞窟を水源とする遠野市宮守地区が有名で、辛味の中にもほのかな甘みがあります。色が濃く、辛味も強いのが特徴。刺身や寿司の薬味としてはもちろん、鮮やかな緑色が印象的なワサビエール(発泡酒)や、ソフトクリーム、団子といった産地ならではの商品も人気を集めています。

遠野にはもうひとつ、岩手を代表する薬味野菜「暮坪かぶ」があります。市内暮坪地区に伝承される長さ20cmほどの長カブで、一見すると小ぶりの青首大根にも似ています。強烈な辛さと苦味が特徴で、すり下ろして蕎麦や焼き魚、刺身の薬味として使われています。特にグルメ漫画で紹介されて以来、人気が一気に高まり「暮坪そば」は今や遠野名物のひとつ。生産量も増え通販などで購入することも可能です。

Copyright(c)2005 pref.iwate All Rights Reserved.