特集シリーズ イーハトーブ生まれの美味しい食材

先人の知恵と努力。豊かな自然が日本一の黒毛和牛を育てる
「いわての黒毛和牛」その魅力を大研究!!

牛肉の中でも、サシ(霜降り)が入りやすく「日本が誇る味の芸術品」とも言われるのが「黒毛和牛」です。岩手前沢牛をはじめ、松坂牛、神戸牛、米沢牛などが全国のブランド牛として有名です。岩手では黒毛和牛の生産が盛んで、全国ブランドの前沢牛に追いつけ、追い越せと、県内の各産地では、優良な黒毛和牛の改良・飼育が盛んです。

県南地域は子牛生産も盛んです

昭和20年代に始まる畜産振興の下地づくり

岩手県ではほぼ全域で肉用牛の生産が行われています。その中でも黒毛和牛の飼育が盛んなのが県南地方。岩手県で黒毛和牛の飼育気運が高まったのは昭和20年代のこと。篤農家の出身であった当時の岩手県知事・國分謙吉は、家畜を飼うことで田畑を肥やす堆肥が得られることを「家畜は肥料の督促なり」の一文に託し、県内の農家に畜産振興を説いて回ります。

一般に肉用牛は、交配から出産、約10ヶ月までの子育てを担当する「繁殖農家」、成牛(月齢30〜36ヶ月)になるまでの飼育を担当する「肥育農家」の分業で行われています。

当初岩手県は、豊富な草資源を活用し、役用牛と同じ感覚で母牛を飼育できる繁殖農家の育成を目指します。

このような下地に支えられ昭和30年代半ばに、当時の玉里農業協同組合(現・JA江刺市)は、優良な牛の生産に努め、岩手県産黒毛和牛の子牛「陸中牛」として銘柄確立し、産地の発展に大きく貢献しました。さらに、昭和40年代に入り、この地域で生産された優良な子牛を肥育した江刺牛、水沢牛、前沢牛などの肉牛ブランドの確立の動きが活発化してきます。

自然環境にも恵まれ、牛舎は清潔で開放的牛の身分証「耳標」には個体識別番号が記されてます

繁殖から肥育まで、地域内一貫型生産

岩手県産の黒毛和牛の大きな特徴が地域内一貫生産。地域内で肥育素牛を生産し、肥育、出荷するというスタイルです。肥育農家が飼育して、仕上がった牛肉の質の善し悪しは、肥育農家の飼育技術によるほか、肥育素牛が持つ本来の遺伝的能力によるところも大きく、その意味で資質の優れた子牛を「いかに仕入れることができるか」が重要となります。子牛産地が遠方だと、輸送費、人件費などが余分にかかるうえ、子牛に対するストレスも増します。また、最新の情報もなかなか入りません。

その点、繁殖と肥育が同地区内で完結することは、岩手の大きな強みであると言えます。しかも、地元産素牛が肥育農家の手により全国でも高い評価を得ることは、繁殖農家の自信にもつながり、意欲的により優れた子牛を育てます。生産農家と肥育農家を結ぶ目に見えない一体感。これもまた、他の産地にはない岩手ならではの強みです。

ステーキイメージ岩手牛プレート

高品質で安心・安全!いわての「黒毛和牛」

畜産先進県である岩手は、豊かでクリーンな自然環境、繁殖から肥育までの牛肉生産の理想的な条件が整っています。また、稲ワラを肉用牛の粗飼料として与え、牛糞堆肥は水田に還元するなど、自然循環型農業を実践し、自然の摂理を活用し、環境にも配慮して「黒毛和牛」は育てられているのです。

いわての「黒毛和牛」主力銘柄・産地
  • いわて雫石牛(雫石町)
  • 岩手しわ牛(紫波町)
  • 岩手しわもちもち牛(紫波町)
  • いわて東和牛(花巻市)
  • いわてきたかみ牛(北上市)
  • いわて奥州牛(奥州市)
  • いわて前沢牛(奥州市)
  • いわて江刺牛(奥州市)
  • 岩手南牛(一関市、平泉町)
  • いわて遠野牛(遠野市)
  • 軽米牛(軽米町)
産地地図→クリックで拡大
前沢牛イメージ

プレミアム編牛肉番付「東の横綱」前沢牛

生産者と農協が一体となってブランドを確立

「西の松坂。東の前沢」とも称される前沢牛。奥州市前沢区を中心に飼育される高級和牛です。昭和40年代から肥育が始まります。しかし、当初は「岩手のガリ肉」と酷評されるなど、市場評価は必ずしも高いものではありませんでした。

そこで、旧前沢町農業協同組合が主体となり、さまざまな分野で努力を重ねます。中でも、前沢牛の肉質を飛躍的に向上させた最大の要因は、優れた種雄牛と交配する母牛(繁殖雌牛)を一定量の牛群として揃えたことでした。

県南地域は以前から子牛生産が盛んな地域でした。しかし、旧前沢町農協では、望む資質を備えた子牛を仕入れることが出来なかったため、独自に県外(島根県)から繁殖素牛を導入して、牛群整備を進め、肉質の安定を図りました。子牛の資質を均等化することで、情報の共有化が可能となり飼育技術も飛躍的に向上。昭和53年には東京食肉市場で当時最高値が付いたのを皮切りに、昭和59年には肉質日本一に。さらに、平成2年から5年まで連続日本一の栄誉に輝くなど、その名が全国に知られることとなります。

その後、旧前沢町農協では、前沢牛の名を商標登録。一定の基準をクリアした店舗・飲食店のみで販売、食事が可能な指定店制度を導入するなど、生産から流通まで一貫した品質保持に努めています。

Copyright(c)2005 pref.iwate All Rights Reserved.